So-net無料ブログ作成
検索選択

イリュージョニズムはだまし絵?でイリュージョン? [世界]

 

イリュージョニズムはだまし絵?

イリュージョンという言葉(フランス語)は耳にした方も多いのでは?よくマジックでいわれる言葉ですよね。

ちなみに英語では、イルージョンです。

絵画の世界では、存在しないものが、まるで存在しているかのように見せかける技法のことです。

簡単にいえば、だまし絵、絵画のマジックとでもいいましょうか。。

写実主義の極めつけがイリュージョニズムなのです。

それを裏づけるのが、古代ローマの、プリニウスの「博物誌」にある逸話です。

古代ギリシャの大物画家2人が技を競ったのです。ゼウクシスという画家は、ブドウを描いたら鳥がだまされて食べようと絵に群がったということです。

一方、パラシオスという画家の絵はカーテンに隠されていたのです。そこで、ゼウクシスは、その絵を見せてほしいとお願いしました。

実は、このカーテンが絵だったのです。勝者はパラシオスでした。

それだけ絵が優れていたということです。

ルネサンス、17世紀バロック美術でも、イリュージョニズムが表現されたものが際立っています。

ここで、当時の絵画のイリュージョンをご紹介します。

 

聖イグナティウス・デ・ロヨラの栄光

アンドレア・ポッツォ 1691~1694年 フレスコ

 202yjimage.jpg

イタリア・ローマのサンティニャーツィオ教会(カトリック)にある、この天井画は、天国へ行けるように開かれています。

幻想的な、だまし絵の世界が壮大なスケールで描かれています。

難しい技術が必要とされる技法を駆使したもので、教会と天国が一体化したかのような演出が素敵ですね♪

 

201yjimage.jpg

 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ルネサンス期の壁画の技法について [世界]

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ作品

モナ・リザ

これをご存知ない方はいないでしょう?

181yjimage.jpg

観るものを魅了するルネサンス期における壁画

フレスコとは?

フレスコは、西洋の代表的な壁画の技法です。

イタリア語で「新鮮な」を意味する言葉ですから、漆喰(しっくい)が乾く前に新鮮なうちに描くものです。

乾いた気候のイタリアにマッチした技法ともいえます。 上塗りの漆喰が生乾きの状態に水を含んだ顔料で描くと、絵が壁と一体化しますから、独特の世界が広がります。

水彩画のような柔らかな光と、透明感あふれるノスタルジックな画面をかいまみることができるのが魅力です。

フレスコ黄金期は、リネサンス期の14~16世紀です。

 

代表的なフレスコ画

ミケランジェロの作品

システィーナ礼拝堂の「天地創造」

 180yjimage.jpg

 

上塗りの漆喰が生乾きの状態が1日ですから、毎日その日に描く分だけ漆喰を塗っていたのです。

乾いてからの仕上がりの色調が変わってきますから、かなり骨の折れる作業ですが、それゆえ完成したときの感動は計り知れないものでしょう。

1日分の仕事量はジョルナータと呼ばれました。1日をイタリア語でジョルノといいますから、そう呼ばれていました。

壁画が完成したものでも、ジョルナータの境目を見れば、どういう順序で何日かけて描いたのか分かるのです。

新鮮なうちに描くためには、当然下書きは必要になります。

顔料はシノビアやカルトーネなどが主でした。

 

セッコとは?

乾いた漆喰の上に描く技法には、セッコがあります。 イタリア語で「乾いた」という意味です。

こちらは、フレスコよりも手軽で、フレスコと併用したり、セッコ技法だけで行われたのですが、長い年月を経た場合に絵の具が壁から剥がれてしまうことがあります。

有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』の画面が傷んでいるのは、時間をかけて描きたかったレオナルドが、ある種テンペラによる独自のセッコ技法を取り入れたからです。

 

テンペラとは?

テンペラとは、イタリア語の「テンペラーレ」からきたもので、「混ぜ合わせる」という意味です。

テンペラ画は、卵の黄身と白身を混ぜたり、卵&油を混ぜる方法などありますが、現在では顔料と生卵を混ぜた技法をテンペラ画といっています。

乾きが早い、色彩鮮やかな特徴があります。

 

代表的な「テンペラ画」

イタリアのサンドロ・ボッティチェリの作品

ヴィーナスの誕生」

 177yjimage.jpg

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

植物の巨大な種や面白い種

 

160yjimage.jpg

植物は種がないと生まれませんよね。。。種の大きさや形は、植物が育つ環境や育ち方で異なります。

インド洋に位置するセーシェル共和国はご存知ですか?

そのセーシェル共和国のプララン島には、ナント大きさが30cmで重さが20kgの世界最大のフタゴヤシの種が存在します。

ダブルココナッツとも呼ばれるその種は、おしりのような形をしています。

日本では石垣島などで、海からの漂着物として発見されることもあるそうです。

 

 161yjimage.jpg

ココヤシは、フィリピンインドネシアに生育するヤシの木の仲間です。

種の全体がヒゲのような細かい繊維で覆われて、大きさは20cmぐらいはあります。

種の中には、胚乳からとれる油が、ヤシ油として様々なものに使われていますよね。

また、羽根つきの羽?とソックリのアリノキの種は、10cm程度で中米やブラジルなどに生育しています。

羽根つきの羽根のような花を咲かせます。

木の幹にアリが好んで巣をつくることから、この名がつきました。

 

滑空して飛ぶヒョウタンカズラの種

 164yjimage.jpg

15cmほどのヒョウタンカズラの種で、別名ハネフクベといわれる種は、マレーシアやインドネシアなどの熱帯で育つ樹木です。真ん中の茶色部分が種です。

薄いブーメランのような羽がついているので、風をうけて遠くのほうまで飛ぶので面白いですよね。

 

 カエデの葉と花と種

 168yjimage.jpg169yjimage.jpg

カエデの種は、種の先に羽が1つついていて2つ1組になっています。

風をうけてまるで、プロペラのように回転しながら地面に落ちますが、ご存知の方も多いのでは?

まだまだ面白い植物の種がありますよね!

 

 

 


人間・動物の足裏を比較

 人間の足の裏

 124yun_2970.jpg

人間の赤ちゃんの足の裏ですが、足裏の中央には地面につかない「土踏まず」がありますよね。

これは、2本足で歩行するときに体を支えて安定させたり、飛び上がったり、飛び降りたりするときに衝撃を和らげる役割があります。

動物の中で、土踏まずがあるのは人間だけです。

ゴリラの足の裏

 125yjimage.jpg

ゴリラの足の裏は人間に近いものですが、親指がほかの指とかなり離れているのが分かります。

これで、親指と人差し指のあいだでモノを上手につかむことができますよね。

両手がふさがっていても、足でモノを持ったまま歩くことができます。

 

ホッキョクグマの足の裏が見えます

129yjimage.jpg

 

ホッキョクグマは、体と同じように、足の裏にも毛がびっしりと生えています。

氷の上を歩いても、冷たくない&すべらないような構造になっています。

 

ゾウの足の裏

 130yjimage.jpg

アジアゾウの足の裏は柔らかいです。地面に足裏をつけたときに体の重みで広がるクッションの役目を果たしています。

ですから、体は大きくても、思ったより静かに歩くことが可能です。足の裏の模様は、歩くことですり減るので変化します。

 

ライオンの足の裏

 131yjimage.jpg

ライオンやヒョウ、チーターなどのネコ科の動物には、ネコ同様に足の裏に肉球がついています。

高いところから飛び降りるときのクッションの役目や足音をたてないようにする役目も果たします。

 

パンダの足の裏

132yjimage.jpg

パンダの足の裏には、「第6の指」といわれる骨の出っ張りがあります。人間でいう親指のような役割をしているところです。

この出っ張りがあるおかげで、前足で器用に笹をつかんで食べることができます。

 

カンガルーの足の裏

 170yjimage.jpg

カンガルーの後ろ足の指の本数は4本です。大きな薬指のつめで地面をけってジャンプします。

着地のときに痛くないように、足の裏はすべりどめつきのクッションになっています。

 

このほか、キリンの足の裏は20cmもあり、2本の固いひづめがあり、足も意外に速く時速50kキロメートルです。

ひづめは敵に襲われた際の武器にもなります。

また、ロバは固いひづめが1本だけあります。(馬も同様)

ひづめは、中指のつめが大きく固く発達したもので、動物の中で一番指の少ないのが馬の仲間たちです。

 

 140yjimage.jpg141yjimage.jpg143yjimage.jpg

 


機と器の使い分けで迷うなら [日本]


 
 
アンティーク電話機 装飾電話機 高級感 アンティーク風 アンティーク調 レトロ パイオニア 固定電話




 


 

突然ですが、

電話機は「機」ですが、受話器は「器」です。

「器」は入れ物ですよね。うつわの意味がありますよね。

「消火器」や「聴診器」のような簡単な構造の道具に用いるものです。

 

ハツタ10型消火器(ABC粉末蓄圧式消化器)PEP-10C 2014年製国家検定合格CUP-10C後継品


 

 

【送料無料!】【FOCAL ダブルヘッド聴診器 FC-202】【smtb-TD】【tohoku】【05P12Oct14】


 
 

 

 

 

一方、「機」は構造が複雑かつ動力機構などをもつものに対して用います。

たとえば、「拡声器」は、メガホンのような単純な構造のもので、「拡声機」は、マイク、アンプ、スピーカーなどを備えたものというように使い分けます。

また、家庭用の小型スプレーは「噴霧器」、農業用の農業散布機械は、「噴霧器」です。

家庭用の道具では、「器」を用いるものが「温水器」、「炊飯器」などがありますよね。

「機」を用いるものが、「洗濯機」、「掃除機」などがありますね。

複雑なのが、やはり「電話」です。

 

 205tel13.gif

全体をあらわす「電話機」に対して、その一部である「受話器」は、単純なものと、複雑なものを組み合わせた「機」と「器」のコラボレーションのようなものです。

日本語及び漢字の使い分けは、奥が深いですよね。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

過去・現在の日本のお金にまつわる話 [日本]

 

 201yjimage.jpg

現在の日本のお札は印刷のほかポログラムの中にも細かい数字が隠されているのはご存知かと思います?

1万円札には、表面だけで5か所に「NIPPON GINKO」の文字が印刷されています。

すかしは、一万円札に3本、五千円札に2本、千円札に1本あります!

お札の肖像画に男性が多いのはなぜでしょうか?

それは、シワやヒゲなどが多い男性の肖像画のほうが、偽札がつくられにくいからです。

 

今まで日本で発行された中で、もっとも大きなお札は「改造百円券」

めがね百円券」、「めがね札」などとも呼ばれていたようです。

確かに、めがねマークのようなデザインの中に、藤原鎌足像が描かれています。裏面は薄紫色ですから、「むらさき白円」、「裏むらさき」などともいわれています。横の長さがナント21cmあります。

日本銀行が初めて発行したお札には、こんにゃくが、、

明治18年(1885年)に発行されたお札(大黒札・旧1円券)には、お札が敗れにくい工夫がされていました。

商売農業の神とされた大黒天の座像が描かれています。

その紙幣には、こんにゃく 粉が混ぜられていたのです。

ただ、そのせいで虫やネズミに食べられてしまう被害があったようです。

太平洋戦争中には、金属が不足していた日本では、陶器でつくられたコインがあったようですが、実際には流通されなかったのです。

ほかにも、天皇陛下が即位されたことを記念に発行された10万円金貨もありました。

日本で最初に使われたといわれる硬貨は、「和銅開称」(わどうかいしょう)というもので、今から1300年ほど前の和銅という時代につくられた銀貨です。

お金もだいぶ進化していますね!

 

 202710_98a93AF8AJE0DD_8BE291K.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ピサの斜塔の秘密 [世界]

190lgi01a201312090300.jpg

 

イタリアに存在する、ピサの斜塔は有名ですよね。

ピサ斜塔といえるほど、条件反射で答えたくなるものですが。。。

ピサの大聖堂(ドゥオモ)の鐘楼(しゅろう)として1173年に着工されたものです。

かつてピサでは、戦争や貿易で得た富で、聖母マリアにささげるべき大聖堂の建設に乗り出したのです。

しかし、鐘楼は工事途中で傾きはじめます。地盤が軟弱かつ、土台の深さが僅か3メートルですから、塔の重さを支えきれず傾いてきたのです。

工事はなんと、200年間も費やされたといいます。(中断2回含む)

予定された100メートルの塔には及ばず、結局55メートルとなりました。

ピサの人たちは、傾き始めたころから現在まで様々な工夫をしていました。

塔の上部の積み石の重さを調整をして、傾きを減らす努力をしてきました。そのため、傾きが多少改善されたかのように反り返ってみえます。

さらに、振動は危険ですから、鐘を鳴らさないようにしてあります。

鐘楼として建築されたものの、残念ながらその役目は果たせなかったのです。

それでも、有名な観光名所となり、世界的な建築物として大きな財産を得たともといえます。

 191yjimage.jpg

 

ピサの大聖堂内部には、多くのモザイク画、イスラム様式、古代ローマの建築技術などが取り入れられています。

アリストテレスの説をくつがえした、ガリレオ ・ガリレイは、大きな重い鉄球を高い場所から落下させ、重さに関係なく、物質は同じ速度で落ちることを証明しました。→「落下の法則」

このエピソードの舞台がピサの塔です。

 

 

 

 

 

 

 

 


恐竜州立自然公園 [世界]

 

18526095007426.jpg

快晴の空のもとでは、明るい感じがする渓谷ですが、一歩この地に踏み込めば、息をのむような地層が連なるといいます。

ここは、カナダの南西部にレッド・デイアー川の渓谷で、荒れ果ててものさびしい印象があるようです。

バッドランドと呼ばれ、不毛の地となっています。

今となっては、土地がやせて作物が育たないようですが、恐竜がいた時代にはもちろん植物も生い茂っていたことでしょう。

恐竜の化石が発掘されるのは、地下深い場所がほとんどですが、、

ここはそれとは異なるのが 氷河が溶けて地層が侵食されて出来たものですから、地表もあらわで完全に近い状態の恐竜の骨格もあるといいます。

恐竜の化石の宝庫ともいえる場所なのです。

おおよそ、7500年前の地層がむき出しになっているとのことで、恐竜好きにはたまらない?といった場所なのかもしれません。

1884年に、白亜紀の恐竜の化石も発掘されていて、その後も現在までにトリケラトプスやラムベオサウルスなどの恐竜の化石が60種前後見つかっているといいます。

 

187yjimage.jpg


iPhone6 plus ケース カバー iPhone6 iPhone5s iPhone5c ケース カバー ザウルス 恐竜 / for iPhone6 iPhone5s iPhone5c 対応 ケース カバー[アップルマーク ロゴ ゴールド]【アイフォン 6 plus プラス 5s 5c ケース カバー】【スマホカバー スマホケース】



りったい恐竜館 [ 神谷正徳 ]




【恐竜】最高級チョコレートを使った、割って!掘って!楽しむチョコレート★ジュラシックショコラ【ディグアップ】(チョコレート)【お子様へ】


アフリカ・サバンナ地帯にあるセレンゲティ国立公園 [世界]

180yjimage.jpg

サバンナ地帯は、砂漠と熱帯雨林の中間に位置する草原地帯です。

その中心にセレンゲティ国立公園があります。面積1万763平方キロメートルという広大な草原が広がっています。

グレートリフト・バレー と呼ばれる大地の裂け目にあります。

アフリカ東部の南北6000キロに渡るこの地形は、地下の熱によって押し上げられた大地が、再び上昇してきた熱の流れで2つの方向に引き裂かれて、さらに中央部が陥没するという構造によって生まれたものです。

その後、長い年月を経て巨大な大地の裂けめに水がたまり、多くの湖、沼などが出来上がったのです。

水辺の周りには、草が生い茂り、ごく自然に動物が集まるようになりました。

300万頭もの大型動物が暮らしているのです。

哺乳類だけでも、13o種以上、鳥類350種以上ですから、東アフリカに棲息する動物のほとんどを網羅しています。

タンザニアが乾季に入る6月には、公園内の動物の大移動が始まります。

タンザニアの雨季は2回ほどありますが、3月~5月が大雨季、11月~12月が小雨季ですから、大雨季を終えたあたりに、草食動物の大移動というわけです。

圧倒的で有名なものが、150万頭にも及ぶオグロヌーの大移動です。

 

 181yjimage.jpg

 

その大移動は、オグロヌーにとって過酷な試練ともいえるもので、移動中にライオンジャッカル、ハイエナ、ワニなどの餌食になる危険をはらんでいるからです。

そのため、驚くことに25万頭ものヌーが命を落とすことになります。弱肉強食の世界です!

 

 

 

18300414000084.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

世界最大級の草食・・・・がいたんですよね [世界]

 

 173yjimage.jpg

マメンチサウルスという名の恐竜は、ご存知ですか?

何となく可愛らしい名前ですよね。

中央アジアのモンゴルで化石が発見された草食動物ではなく、草食恐竜です。

全長22メートルもの巨体で、首だけでも10メートルぐらいはあったようです。

体全体の半分以上は、首ですよ~!キリンも驚いちゃいますね。。

キリン同様に、長い首を自由自在に動かして高いところに生えている草を食べて暮らしていたんだとか。

今から1億5000万年前、地球には沢山の恐竜が暮らしていました。

恐竜=巨大なイメージがありますが、実は、子供の小さな手にのるぐらいの小型の恐竜もいたのです。

ミニサイズ・小型恐竜は、巨大な恐竜の足元をすばしこく走りまわっていたと推測されます。

世界で最も小さな恐竜は、全長が70cmで、体重は1kgで小型犬のしかもトイプードルと同じぐらいの重さしかなかったといいます。

発見されたのは、北アメリカです。その名は、フリタデス・ハーガロムス

植物や昆虫などを食べていたんでしょうね、、

恐竜は絶滅していますから、頼りになるのは、もはや化石のみです。

 

首長竜って?

世界の海には恐竜に似ている仲間の首長竜がいました。

1968年に、日本ではじめて化石が発見された首長竜は、発見者が鈴木直(すずきただし)さんにちなんで、

「フタバスズキリュウ」という名前がつけられました。

恐竜が進化したら何になる?

鳥類はもともとは、恐竜が進化したと考えられています。

1861年発見された鳥の祖先と言われる始祖鳥(しそちょう)の化石は、羽があり鳥ソックリなのです。

ご存知のステゴザウルスは、背中に剣のような鋭い角といいますか、板がある剣竜の仲間です。

175yjimage.jpg

背中の突起した板は、敵から身を守る役割のほか、敵を威嚇したり、体温調節のためと考えられています。

 

なぜ?絶滅したの?

恐竜がなぜ絶滅したのか、有力とされるのは隕石落下説です。

ある日、隕石が地球に落ちて爆発し、地球の温度が上昇し、その後、爆発により出来た細かなちりが地球を覆います。

そして、太陽の光と熱が遮られ、急速に温度が下がり恐竜が生きられる環境でないため絶滅したという説です。

恐竜の化石は、骨のみならず、歩いた足跡も発見されています。

サウロロフスの足跡は、子供がすっぽり入る大きさですから、相当大きいですよね!

 

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。