So-net無料ブログ作成
検索選択
伝統医学 ブログトップ

インド発祥の伝統医学アユールヴェーダとは? [伝統医学]

 現代医学と異なり、病気を予防する知恵でもある主に「毒だし」です。

アユールヴェーダは、身体にたまった毒素がカラダや心の不調をひき起こす=病気になるという考えです。

古代インドの言葉でアユース(生命) のヴェーダ(科学)、つまり「生命の科学」という意味合いを持ちます。

中国4000年の歴史よりも前の、インド5000年の歴史を誇る、世界最古の伝統医学なのです。

ですから、毒素を効果的にカラダの外に排出(デトックス)して、免疫アップ及び自然治癒力を高めていくというものです。

ヨーガやマッサージアロマ、色彩や風水までも取り込んだ体質改善を兼ねた健康法ともいえます。

 

 lyjimage.jpg

現代社会は生活も便利になった反面、食生活や生活習慣の乱れや、心のケアが必要とされるストレス社会でもあります。

自然のあるがままを重要とするアユールヴェーダでは、人の心やカラダは、宇宙に存在するすべてのものは「地・水・火・風・空」 の5つの要素があるといいます。五元素と呼ばれています。

また、心やカラダを動かすエネルギーを「ドーシャ」 というそうです。

「ドーシャ」 には、「ヴェータ」「ピッタ」「カパ」の3つがありますが、聞いたことがある人も多いので?

この3つは、私たちのカラダに もともと備わっているエネルギーで、個人個人異なるようです。

もって生まれたバランスを、自然に整えるための食事法や生活習慣、ヨーガほか独特の健康法で元気を取り戻すというわけですね!

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
伝統医学 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。