So-net無料ブログ作成

昔の日本では塩がどう運ばれていたか・・・ [日本]

 

現代では海水から塩をつくってトラックなど車で運搬していますが、昔山に住む人はどうやって海から塩を運んだのでしょうか?

高血圧には減塩ともいわれているものの、塩は体内の水分量の調整や血液の成分にもなっていますから、、長期間塩も摂取しなければ体調も悪くなるものです。

摂り過ぎはもちろん体に毒ですが、必要量はありますよね!

414yjimage.jpg

海沿いの町で問屋さんから預かった塩を牛の背中に乗せて山の中を歩いて届けていたようです。

山道ですからでこぼこ道や急斜面もあるでしょう・・・

道が険しいときには、牛専用のわらじがあったのです。

これは、農家の人が畑仕事の合間に手作りしたといわれています。

物を運ぶ人の安全を願うお地蔵さんを見つけて感謝することで、崖から落ちないで安全に運ぶことができたといいます。

         百体観音

 416yjimage.jpg415img22279827.jpg

平らな道は馬に運んでもらい、でこぼこ道などは牛に運んでもらい、牛も歩けない急斜面は人が運んでいました。

 

416yun_243.jpg

夜に山奥の宿にたどり着き、牛とともに宿で寝たそうです。

塩問屋さんに塩を渡し、運び賃としてお金や米をもらうというしくみです。

昔の日本では、山に住む人が木を切って川に流し、河口で塩をつくる人と物々交換をしていたという説があります。

木は重く運ぶのが大変ですから、川に流したんですね。流れてきた木は燃料として使われ、海水を煮詰めて塩をつくって木と物々交換していたようです。

山に住む人が塩を使える工夫がされていたんですね!

 417yjimage.jpg

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

機と器の使い分けで迷うなら [日本]


 
 
アンティーク電話機 装飾電話機 高級感 アンティーク風 アンティーク調 レトロ パイオニア 固定電話




 


 

突然ですが、

電話機は「機」ですが、受話器は「器」です。

「器」は入れ物ですよね。うつわの意味がありますよね。

「消火器」や「聴診器」のような簡単な構造の道具に用いるものです。

 

ハツタ10型消火器(ABC粉末蓄圧式消化器)PEP-10C 2014年製国家検定合格CUP-10C後継品


 

 

【送料無料!】【FOCAL ダブルヘッド聴診器 FC-202】【smtb-TD】【tohoku】【05P12Oct14】


 
 

 

 

 

一方、「機」は構造が複雑かつ動力機構などをもつものに対して用います。

たとえば、「拡声器」は、メガホンのような単純な構造のもので、「拡声機」は、マイク、アンプ、スピーカーなどを備えたものというように使い分けます。

また、家庭用の小型スプレーは「噴霧器」、農業用の農業散布機械は、「噴霧器」です。

家庭用の道具では、「器」を用いるものが「温水器」、「炊飯器」などがありますよね。

「機」を用いるものが、「洗濯機」、「掃除機」などがありますね。

複雑なのが、やはり「電話」です。

 

 205tel13.gif

全体をあらわす「電話機」に対して、その一部である「受話器」は、単純なものと、複雑なものを組み合わせた「機」と「器」のコラボレーションのようなものです。

日本語及び漢字の使い分けは、奥が深いですよね。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

過去・現在の日本のお金にまつわる話 [日本]

 

 201yjimage.jpg

現在の日本のお札は印刷のほかポログラムの中にも細かい数字が隠されているのはご存知かと思います?

1万円札には、表面だけで5か所に「NIPPON GINKO」の文字が印刷されています。

すかしは、一万円札に3本、五千円札に2本、千円札に1本あります!

お札の肖像画に男性が多いのはなぜでしょうか?

それは、シワやヒゲなどが多い男性の肖像画のほうが、偽札がつくられにくいからです。

 

今まで日本で発行された中で、もっとも大きなお札は「改造百円券」

「めがね百円券」、「めがね札」などとも呼ばれていたようです。

確かに、めがねマークのようなデザインの中に、藤原鎌足像が描かれています。裏面は薄紫色ですから、「むらさき白円」、「裏むらさき」などともいわれています。横の長さがナント21cmあります。

日本銀行が初めて発行したお札には、こんにゃくが、、

明治18年(1885年)に発行されたお札(大黒札・旧1円券)には、お札が敗れにくい工夫がされていました。

商売や農業の神とされた大黒天の座像が描かれています。

その紙幣には、こんにゃく 粉が混ぜられていたのです。

ただ、そのせいで虫やネズミに食べられてしまう被害があったようです。

太平洋戦争中には、金属が不足していた日本では、陶器でつくられたコインがあったようですが、実際には流通されなかったのです。

ほかにも、天皇陛下が即位されたことを記念に発行された10万円金貨もありました。

日本で最初に使われたといわれる硬貨は、「和銅開称」(わどうかいしょう)というもので、今から1300年ほど前の和銅という時代につくられた銀貨です。

お金もだいぶ進化していますね!

 

 202710_98a93AF8AJE0DD_8BE291K.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

きゃりーさんもとりこにしたサメ!サメの歯の驚きの構造やミツクリザメとは? [日本]

 

 124lgf01a201307092300.jpg

 

以前話題となったきゃりーぱみゅぱみゅさん所有の「アオザメの歯」はご覧になった方も多いのでは?

映画「ジョーズ」を観てからのサメファンらしいですが、、

大阪のサメ博士からのプレゼントされたサメの歯の標本を宝物にしていました。

サメ愛好家でも知られるきゃりーさんをとりこにしたサメの魅力にはまる人も意外に多いようです。

きゃりーさんに愛されるサメの歯はどうなっているのでしょうか?

サメの多くは魚や海鳥などを食べる肉食なのはご存知でしょう。

そのサメの歯は大変丈夫で、何度もはえかわる鋭い歯が200本もはえています。

肉食のサメの歯は、鋭利な刃物のようにギザギザしていて、先が尖っていますが、現在使用している歯の後ろに、予備の歯が6~10列もひかえているのです。

もし1本でも欠ければ、列ごとに抜けて次の列と入れかわる特殊な構造をしています。

歯が永久になくならないのは羨ましいともいえます。

サメの歯は何度でもはえてくるので、一生のうちに、、、なんと数千~数万もの歯がはえかわるサメもいるといいますから驚きますよね。

東京湾の深海にも、暮らしているサメは、ミツクリザメですが、ある特徴があります。

 

124yjimage.jpg

 

小さめでいびつに並んだ歯は、獲物をつかまえるときに、口ごと前に飛び出すつくりになっています。

全長は2,3mで、大きいものだと5m前後になります。見ためが独特でゴブリンシャークとも呼ばれています。

ミツクリザメは古代サメの特徴が残っていて、生きる化石などとも呼ばれることがあります。


カニ、エビなどのなど甲殻類の甲羅に対しては、奥歯で噛み砕いて食べます。

ミツクリザメの生態はあまり知られていませんが、東京の海底谷入り口付近で多数の幼体が見つかり、2013年に八景島シーパラダイスで飼育しましたが、まもなく死亡しました。

やはり深海のサメで飼育が難しいのでしょう!

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

登竜門(とうりゅうもん)ってよく聞きますがどんな門でしょうか? [日本]

 116lgi01a201312141100.jpg

「出世の登竜門」 や「芥川賞は文壇の登竜門」などと使われたりしていますよね、、

どういう門かは、何となーく理解している方が多いのではないでしょうか?

漢字からすると、「竜が登る門」と思いがちですが、、

実は、

「竜門」は地名ですから、「登竜門」は「竜門を登る」という意味なのです。

中国の黄河上流にある「竜門」という急流があり、そこには鯉が多く集まっていますが、

もしその急流を登ることができれば、鯉は竜に化することができるという言い伝えからきた言葉です。

後漢書の故事からきたもので、立身出世するたとえなのです。

竜はヘビに似ている霊獣で水神と考えられていました。

ですから、「登竜門をくぐる」や「登竜門を通った」などの言い方は適さないといえます。

ご存知のように、日本では「鯉の滝登り」というのが生まれ、鯉のぼりも関係しているとか、、

勢いよく登る鯉の動きが想像できますよね!

「鯉のぼり」に関しては、竜門の滝を登りきるように、健康かつ元気で、将来は自分の子にも出世してほしいと願いを込めていたり、男の子の健康祈願を天の神にお願いしているなどの言い伝えがあります。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

日本で世界一のものは? [日本]

 

地球上でたくさんの国がありますが、世界一といわれるものは日本にも意外に多くあるんですよね.

京都タワーは世界一の高い無鉄骨塔、世界一高い灯台の横浜マリンタワー、世界一大きな時計横浜のコスモロック、世界一長い道路の瀬戸大橋などほかにも色々あります。

●鳥取県の仁摩サンドミュージアムには、全長5,2メートルの世界一大きな砂時計があります。

砂の量もハンパでないため、1トンの砂を1年がかりで落とすようです。

 

63yjimage.jpg

 

●兵庫県神戸市と淡路島を結ぶ世界一長いつり橋が明石海峡大橋です。長さが3911メートルもあります。

 

64yjimage.jpg

 

●世界一長い並木道は、栃木県の日光東照宮へ向かう参道に植えられている杉並木で、35,41kmあります。

 

65p001.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

梨のおいしい季節になりましたが、二十世紀の本来の読みは? [日本]

 59yjimage.jpg

秋の味覚といえば、ふなっしーでお馴染みのナシがありますよね。

そういえば、ふなっしーは英語だけでなく、中国語も堪能らしいですね!

ところで、

梨の中でも、「二十世紀」は、「ニジュッセイキ」と読みますよね、、実は「ニジッセイキ」なのです。

「十」の字音は、「ジフ」で、促音化すると「ジッ」になるのが本来の形だからともいえます。

17世紀初頭にキリシタン宣教師たちが刊行した「ニッポ辞書」に、「ジッ」の発音が記載されていて「ジュッ」とは異なります。

この流れですと、「十匹」や「十銭」などの発音も「ジッピキ」、「ジッセン」が本来の形となります。

よくご年配の方が、「十匹(ジッピキ)」や「十分(ジップン)」などといっていたのを耳にしたことがありますよね?

アナウンサーも「ジッ」という発音で教育されているはずです。

あれ?でも何か違和感あると思った方もいるのでは?

今さら、二十世紀を、「ニジッセイキ」というのも、何だか恥ずかしい気もしますが、、

正しい読みですから、何気なく使ってみては如何でしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

温暖な気候で世界遺産に登録されている小笠原諸島の秘密 [日本]

 5011076001571.jpg

東京から南へ1000kキロの海の上に浮かぶのが小笠原諸島です。

南北400キロメートルにわたる島域に、30ほどの島々が点在していますが、

人が住んでいる島は、父島と母島です。

2つの島をあわせて2500人ほどの人が暮らしています。

亜熱帯気候で、平均気温23℃ぐらいですから、大変過ごしやすい気候で、観光でも人気ですよね。

温暖な気候で絶景スポットも多く、2011年に世界遺産に登録された島です。

誕生過程は異なるものの、ガラパゴス諸島と同様に、一度も大陸とつながったことがない島です。

小笠原諸島は、海底火山活動でできた海嶺(かいれい)が、その後の地殻変動で海面にあらわれたものです。

小笠原諸島に渡ってきた生物が、島の環境に適応して、結果的に固有種が生まれたということで「東洋のガラパゴス」 とも呼ばれているのです。

小笠原諸島に自生している植物の種類は447種で、生態系を脅かす動物も少ないといわれています。

哺乳類ではオガサワラオオコウモリ1種、昆虫類ではオガサワラトカゲ、イナミトリシマヤモリの2種、鳥類では、ハハジマメグロ、オガサワラカワラヒラほかの4種と少なめです。

人間の入植で外来植物が入りこみ、在来植物は追いやられたものもあるようです。現在は160種もの植物が絶滅危機状態となっています。

保護増殖活動が今後も行われることが、小笠原の自然保全になることと思われます。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

五里霧中の意味や語源、忍者と何か関係あるの? [日本]

 

 五里霧中は、方向を見失う、物事の判断がつかないことの意味ですが、、、

後漢(25~220年) の中ごろに張櫂(ちょうかい)、字(あざな)を公超という人がいました。

民間の学者さんのようですが、学問のみならず、道術(仙術)もできるため人気者だったとのことです。

ところで、

張櫂(ちょうかい)の得意な術に、「五里霧」という、五里四万を霧でつつみ忍者のように「ドロン!」とするものがありました。

借金の催促や揮毫(きごう)をねだられるのがイヤだったという説もありますが、 とにかく都合が悪くなると、

「五里霧の中」に、隠れて姿を消せるので便利なものです。

※揮毫(きごう) ・・・毛筆で文章や言葉を書くこと。

 cninja.jpg

 

 忍者マンガに木の葉の隠れ術がありますが、木の葉が竜巻のように巻いて人を欺いて消え去るものです。

五里四万の霧より範囲はせまくても、効果は同じですね。

「五里霧中」 を間違えて「五里夢中」と書いてしまう人もいるようです。

「無我夢中」と混同してしまうのかも?

霧の中に隠れるから『五里霧中』」 ですよね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

宮沢賢治の作品の裏に秘めた芸術と宗教ほか [日本]

 

いきなりですが、宮沢賢治が法華経に、心ひかれ夢中になっていたことは、有名な話ですが、もともとの発端はといえば、

賢治の父親が熱心な浄土教の信徒で、それに反発するためのものでした。

岩手県で生まれ、37歳という若さで亡くなったわけですが、

宮沢賢治が宗教に熱心になったのは、ちょうど戦間期(第一次世界大戦終結1918年~第二次世界大戦勃発1939年)です。当時は、賢治だけでなく 日蓮宗は人気があったようです。

宗教を原点に、危機から逃れたいという社会的背景もあったのでしょう。

賢治は家出をして、半年ほど東京で貧しい暮らしをしていましたが、その間にも、知人、友人宛に手紙で熱心な勧誘をしながら、布教活動をしていました。

その後、岩手に戻りますが、最愛の妹を失うこととなります。

その合間に、詩や童話をつくっていましたが、ほとんどの童話の講想はこの時期にできたといわれています。

熱心な宗教家でありながら、アインシュタインの相対性理論にも心引かれていたのです。

 eyjimage.jpg

アインシュタインは偉大な科学者であり、有神論者としても有名です。

「(前略)・・・人間の五感は限られているので、神の存在を感じることは出来ないのです。科学も神の存在を否定できないのですから、我々は神の存在を信じるべきです。」 と語ったのです。

ですから、宮沢賢治の作品のはじめから終わりまで方針や考えは、隣人愛と広大な宇宙観という宗教的な精神です。

宗教的葛藤に悩み、苦しみをバネにして、自己の確立手段として、世界観や宇宙観を組み込んだ優れた作品を残したといえます。

syjimage.jpg

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。