So-net無料ブログ作成

昔の日本では塩がどう運ばれていたか・・・ [日本]

 

現代では海水から塩をつくってトラックなど車で運搬していますが、昔山に住む人はどうやって海から塩を運んだのでしょうか?

高血圧には減塩ともいわれているものの、塩は体内の水分量の調整や血液の成分にもなっていますから、、長期間塩も摂取しなければ体調も悪くなるものです。

摂り過ぎはもちろん体に毒ですが、必要量はありますよね!

414yjimage.jpg

海沿いの町で問屋さんから預かった塩を牛の背中に乗せて山の中を歩いて届けていたようです。

山道ですからでこぼこ道や急斜面もあるでしょう・・・

道が険しいときには、牛専用のわらじがあったのです。

これは、農家の人が畑仕事の合間に手作りしたといわれています。

物を運ぶ人の安全を願うお地蔵さんを見つけて感謝することで、崖から落ちないで安全に運ぶことができたといいます。

         百体観音

 416yjimage.jpg415img22279827.jpg

平らな道は馬に運んでもらい、でこぼこ道などは牛に運んでもらい、牛も歩けない急斜面は人が運んでいました。

 

416yun_243.jpg

夜に山奥の宿にたどり着き、牛とともに宿で寝たそうです。

塩問屋さんに塩を渡し、運び賃としてお金や米をもらうというしくみです。

昔の日本では、山に住む人が木を切って川に流し、河口で塩をつくる人と物々交換をしていたという説があります。

木は重く運ぶのが大変ですから、川に流したんですね。流れてきた木は燃料として使われ、海水を煮詰めて塩をつくって木と物々交換していたようです。

山に住む人が塩を使える工夫がされていたんですね!

 417yjimage.jpg

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

インド [世界]

 

 368yjimage.jpg

インドの面積は日本の約8.7倍といいます。人口は約12億1000万人です。

インドの気候は地域、季節により大きく異なります。

乾季・暑季・雨季の3つに分かれていますが、ニューデリーでは暑季に40℃以上になる日もありますから暑さ対策は色々されています。

インドのサリーは1枚の布を体に巻きつける民族衣装ですが、本当に長いものは5~8mはあるといいます。

サリー語源はサンスクリット語のシャーティーからきていて、細長い布を意味しています。

様々なスタイルで体を包むように巻きつけますが、 なぜサリーを巻くのでしょうか?

インドでは、切ったり縫ったりしない布を身にまとうことが良い、という考えの宗教の教えがあります。

これがサリーが広まった理由ともいわれています。

実際サリーは、風通しも良くゆったりしているため、 暑いインドの気候には最適な衣装なのです。

男性が着ているのは、上がクルターと呼ばれるシャツで、下がパジャマーと呼ばれるズボンです。

390yjimage.jpg

 これもゆったりしていて風通し抜群ですよね。

インドといえば、真っ先にカレーを思い浮かべるほど、カレーのようなスパイスを沢山使用した料理も豊富です。

辛いものを食べると体温も上昇しますから汗も出てきます。

この汗が体の熱を皮膚から逃すようにしてくれるので、カレーも暑さを凌ぐための料理なんですよね!

民族衣装や食べ物の工夫ほか、暑さ対策を兼ねたものが多いです。

 

 

Chakra Healing〜instrumental〜 - インド音楽【レビューで送料無料&300円キャッシュバック!】【インドとアジアン音楽】Geethanjali - スピリチュアル,瞑想,チャクラ

 

YOGA for Health and Well being - PRANAYAMA - インド音楽【レビューで送料無料&300円キャッシュバック!】【インドとアジアン音楽】Vale Music



 



 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

油絵の技法ほか [世界]

 

アルノルフィーニ夫妻の肖像

ヤン・ファン・エイク 1434年

油絵 ロンドン ナショナルギャラリー

 349yjimage.jpg

油絵は顔料を油と混ぜて板やカンヴァスに描いた技法ですが、薄く溶いた油絵具を重ねていくことで素材の持つ質感などもリアルに表現できる迫真の写実も可能です。

物質的な質感にとどまらず、室内を照らす光や空気も見事に描かれているものが多数あります。

一方、厚塗りで迫力満点の印象的な作品も多数存在しているのはご存知かと思います。

15世紀頃の顔料は、テンペラ同様に鉱物性のものが多く、メデウムとしては植物の種子から採る乾性油が使われていました。(乾性油は亜麻仁油、クルミ油、ケシ油などが用いられていました。)

サポートの役割はもっぱら板であり、表面にジェッソで滑らかな白の地塗りが施されていました。

それに線描の下絵を描いて、グラッシという薄く透明な絵の具層の重ね塗りです。

グラッシを重ねることで、深みのある独特の陰影や光との対比を表現できるようになります。

油絵は、ゆっくりと乾かせるように絵の具を画面上で混ぜたりぼかしたりすることが出来ます。

多少ミスがあっても、修正がしやすい利点があったのです。

テンペラと比較すると、写実描写により適した材料あったというわけです。

15世紀後半には、フランドルの油絵技法がイタリアにも伝えられて16世紀ヴェネツィアで油絵の新たな可能性が開発されたのです。

厚塗り(インパスト)は、フレスコにもテンペラにもない油絵特有のものでした。

厚塗りは画面修正がしやすいため下がきなしに、いきなり絵の具で描くアラ・プリマが 登場しました。

ですから、現代でも主流となる油絵特有のこの技法は、16世紀のヴェネツィア生まれということになります。

 

ラ・グルヌイエールの水浴

クロード・モネ  1869年  油絵 カンヴァス

 350yjimage.jpg

今日も存在するチューブ入りの絵の具と穂先が平らな筆という新しい画材は、屋外でのスケッチを可能にしています。

水面の反射像がまるで本物のような透明度を高めています。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

フィヨルドを生かした・・・ [世界]

 

 

 311yjimage.jpg

ノルウェーの海岸線であるフィヨルドは有名ですよね。

これは何千年もかけて氷河に削られて出来た奥深い湾です。

氷河により土地が削られて、削られた土地に海水が入り込むしくみになっています。

氷河は、緯度の高い地方や高い山の万年雪が氷のかたまりとなって斜面を緩やかに流れ出したものです。

フィヨルドと多くの島々、半島が入り組んだもので非常に長い海岸線は、のばせば地球1周よりもある?といいますから驚きます。

沿岸部ではサケの養殖も行われていますから、ノルウェーサーモンは日本にも沢山輸出されていますよね。

 


312yjimage.jpg316yjimage.jpg317yjimage.jpg

 


沿岸を水温が高い海流が流れているため、水質資源も豊かで最適な漁場ともなっています。

そのため、昔からタラが沢山取れることもあり、長期保存出来る干しタラ作りが盛んになったのです。

ノルウェーでは昔から寒風を生かした干しタラづくりも有名です。

1~4月に大漁のタラを寒風を利用して乾燥させる光景も見られます。

干しタラを使用したノルウェーの伝統的な料理は、「ルーテフィスク」という名の料理です。

ルーテフィスク(干鱈の灰汁煮)に、ジャガイモ、豆のマッシュを添えたものです。

ヘルシーで素朴な味わいの健康的な伝統料理です。

ノルウェーは、トラウトサーモンのイメージがありますがタラを使った料理も多いです。

318yjimage.jpg

日本同様、四季がはっきりしていますから、沿岸を流れる暖流の影響もあり緯度が高いわりに温暖な気候です。

北極に近い場所では、夏になれば太陽が1日沈まない白夜になります。

 

315yjimage.jpg

 

 

 
 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。