So-net無料ブログ作成

イスラームの断食や宗教的義務など [世界]

 233yjimage.jpg

イスラームでは、教徒が信じて実行する6つの信仰項目と5つの宗教的な義務があるそうです。

宗教的義務って気になりませんか?

①信仰の告白

②礼拝 

③喜捨(進んで神社や僧侶、貧しい人たちに、金品を寄付すること)

④断食

⑤巡礼

この5つです。断食も意味あるものです。

イスラームの断食とは?

イスラーム暦の9月、ラマダーン月の1ヶ月は、毎日飲食を立つのです。

まあ、毎日といってもですね、、日の出から日没のあいだはタバコや、一切の飲食をストップという事です。

日の出前や日没後には食事をすることができますね!

 

イスラーム暦ほか

イスラーム暦とは、預言者ムハンマド(マホメット)が、メッカからメデイナへヒュジラした年、西暦622年を紀元元年としている太陰暦です。

この第9月、ラマダーン月が断食の月とされたのは、624年のパドルの戦いで勝利に対しての感謝と、この月にはじめてマホメットが神から啓示をうけたことを記念するためだといわれています。

この断食の義務は、旅行者や病人などは断食をしなくてもよいとされる例外もあります。

近年では、都会を中心に断食をしない人たちも見られたといいますが、イランをはじめイスラームの復古的潮流の中では、いっそう5つの宗教的義務をかたくもまれ、という主張が出されています。

宗派、地域、民族によって決まりごとや作法に多少の違いはあるとしても、基本は同じと考えても良さそうです。

 234yjimage.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。