So-net無料ブログ作成

ルネサンス期の壁画の技法について [世界]

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ作品

モナ・リザ

これをご存知ない方はいないでしょう?

181yjimage.jpg

観るものを魅了するルネサンス期における壁画

フレスコとは?

フレスコは、西洋の代表的な壁画の技法です。

イタリア語で「新鮮な」を意味する言葉ですから、漆喰(しっくい)が乾く前に新鮮なうちに描くものです。

乾いた気候のイタリアにマッチした技法ともいえます。 上塗りの漆喰が生乾きの状態に水を含んだ顔料で描くと、絵が壁と一体化しますから、独特の世界が広がります。

水彩画のような柔らかな光と、透明感あふれるノスタルジックな画面をかいまみることができるのが魅力です。

フレスコ黄金期は、リネサンス期の14~16世紀です。

 

代表的なフレスコ画

ミケランジェロの作品

システィーナ礼拝堂の「天地創造」

 180yjimage.jpg

 

上塗りの漆喰が生乾きの状態が1日ですから、毎日その日に描く分だけ漆喰を塗っていたのです。

乾いてからの仕上がりの色調が変わってきますから、かなり骨の折れる作業ですが、それゆえ完成したときの感動は計り知れないものでしょう。

1日分の仕事量はジョルナータと呼ばれました。1日をイタリア語でジョルノといいますから、そう呼ばれていました。

壁画が完成したものでも、ジョルナータの境目を見れば、どういう順序で何日かけて描いたのか分かるのです。

新鮮なうちに描くためには、当然下書きは必要になります。

顔料はシノビアやカルトーネなどが主でした。

 

セッコとは?

乾いた漆喰の上に描く技法には、セッコがあります。 イタリア語で「乾いた」という意味です。

こちらは、フレスコよりも手軽で、フレスコと併用したり、セッコ技法だけで行われたのですが、長い年月を経た場合に絵の具が壁から剥がれてしまうことがあります。

有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』の画面が傷んでいるのは、時間をかけて描きたかったレオナルドが、ある種テンペラによる独自のセッコ技法を取り入れたからです。

 

テンペラとは?

テンペラとは、イタリア語の「テンペラーレ」からきたもので、「混ぜ合わせる」という意味です。

テンペラ画は、卵の黄身と白身を混ぜたり、卵&油を混ぜる方法などありますが、現在では顔料と生卵を混ぜた技法をテンペラ画といっています。

乾きが早い、色彩鮮やかな特徴があります。

 

代表的な「テンペラ画」

イタリアのサンドロ・ボッティチェリの作品

「ヴィーナスの誕生」

 177yjimage.jpg

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。