So-net無料ブログ作成
検索選択

過去・現在の日本のお金にまつわる話 [日本]

 

 201yjimage.jpg

現在の日本のお札は印刷のほかポログラムの中にも細かい数字が隠されているのはご存知かと思います?

1万円札には、表面だけで5か所に「NIPPON GINKO」の文字が印刷されています。

すかしは、一万円札に3本、五千円札に2本、千円札に1本あります!

お札の肖像画に男性が多いのはなぜでしょうか?

それは、シワやヒゲなどが多い男性の肖像画のほうが、偽札がつくられにくいからです。

 

今まで日本で発行された中で、もっとも大きなお札は「改造百円券」

めがね百円券」、「めがね札」などとも呼ばれていたようです。

確かに、めがねマークのようなデザインの中に、藤原鎌足像が描かれています。裏面は薄紫色ですから、「むらさき白円」、「裏むらさき」などともいわれています。横の長さがナント21cmあります。

日本銀行が初めて発行したお札には、こんにゃくが、、

明治18年(1885年)に発行されたお札(大黒札・旧1円券)には、お札が敗れにくい工夫がされていました。

商売農業の神とされた大黒天の座像が描かれています。

その紙幣には、こんにゃく 粉が混ぜられていたのです。

ただ、そのせいで虫やネズミに食べられてしまう被害があったようです。

太平洋戦争中には、金属が不足していた日本では、陶器でつくられたコインがあったようですが、実際には流通されなかったのです。

ほかにも、天皇陛下が即位されたことを記念に発行された10万円金貨もありました。

日本で最初に使われたといわれる硬貨は、「和銅開称」(わどうかいしょう)というもので、今から1300年ほど前の和銅という時代につくられた銀貨です。

お金もだいぶ進化していますね!

 

 202710_98a93AF8AJE0DD_8BE291K.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。